コラム№2 毎月22日は夫婦の日

投稿日:2019.3.22

毎月22日は夫婦の日 課題を見つけよう!

きょうは3月22日、11月22日は「いいふうふ」の日として定着してきましたが、年に一度よりも、ふうふについて考える時間を増やしたい!!

毎月22日を夫婦の日として、夫婦関係を意識して振り返ってみたり、見直してみたりする機会を設けて夫と妻がこころから向き合う時間をつくるといいですね。

ゆっくり向き合うことは良いことです。ふだんは忙しくて「会話」はしても「対話」はなかなかできていないように思います。

会話とは、2人以上の人が日常の言葉のやり取りを言いますが、対話とは、2人以上の人が向き合って話すことですね。

「向き合って話す」ということは、お互いの気持ちや意見や考えのちがい、異なる点について、正面からまっすぐ向き合うことを言います。

結婚は結婚してからが努力ですから、その努力の最たるものが、この向き合って話す「対話」なのです!!

ところが、誰もそういう話を聴いていない、教えてもらっていないものですから、対話の仕方がわからないのです。言い争いになってしまったり、どちらかが無視してしまう、逃げてしまう、なんてことは大変多いのです。

とくに男性は、面倒くさいと思うと逃げるところがあります。(そうでない男性もいますが)

逃げると人は追いかけたくなるものですから、面倒だと思っている人にとってはもっと面倒になるのです!!

これでは対話どころか、夫婦でいることも面倒に思えてしまう人も出てきます。

誰も知らないだけなんです。

そこで、当協会では「夫婦の教室」というワークもおこないますので、ぜひ参加して向き合うとはどういうことか?を学んでいってくださいね。

 

コラム№1はこちらからどうぞ

カテゴリー:コラム